FC2ブログ
    「縛り屋、芦屋。」
    緊縛責めとイキ狂いで女性を絶頂に!緊縛初体験のM女性たちが堕ちていく痴態をご紹介。18未満お断り。
    多忙が続く中、ご心配をおかけしていますが・・・
    読者の皆様、こんにちは。縛り屋、芦屋です。

    4月は内向的な忙しさが続きましたが、5月はその反動もあり、外交的な業務が山積み。
    東京出張もその一環だし、執筆営業も溜まっている。ああ、忙しい。

    そんな中でも、私なんぞに声を掛けて下さる女性もいらっしゃいますようで。アスナさん、29歳。
    昨日の今日で、私のプレイルームに遊びに来てくれることになった。ああ、掃除掃除(笑)


    アスナさんは、1年前、昨年の4月に当ブログを知り、胸の奥底に眠っていた気持ちに気が付き、それ以来、時々このブログを見ては心を揺り動かされていたようで。
    (同じ時期に熱いメールをくれていた大学に進学したての子もいましたね。今からでもいいんだよ!)


    そのアスナさんですが、ブログに載っている女の子達を見ていると、こう思っていたそうです。

       「若くてスタイルも良い方ばかりで躊躇していました(>_<)笑」

    うーん、そう見えるものでしょうか、でも、そうなんでしょうね。私のところに声を掛けてきてくれた女の子の多くが、同じことを言っているから。

    でも、アスナさんもウェブ上に載ってしまえば、読者の皆さんから同じように思われること間違いなしですよ。安心してくださいね・・・と、私は思っています。綺麗ごとではなく、本音ですよ。



    年齢も、いいじゃないですか。

    18-20歳の頃は、性的なことに対する好奇心に加えて、いよいよ大人の世界に接し始める眩しさからこの世界に足を踏み入れてくる子が多いように感じている。

    対して、25-30歳の女性は、ノーマルな性的快楽は既に日常的になっていて、さらなる深い性体験とでもいいましょうか、そういったものを自立した個人の趣向として探求していこうという感覚があるように思う。

    これら両者にSM的行為がもたらす快楽とか満足感は、やはり異なってくるのではないだろうか。私は相変わらず女性心理には疎いので、あくまでも妄想でしか無いのだけれど・・・。

    すなわち、若い子には表面的・肉体的な快感が主目的でありとりあえずのゴール地点であろうか。
    それに比べて、20代後半以降の女性にとっては、それらの行為自体や付随的肉体的快感などが、結果として精神的な(種々の)満足感に繋がるのだろうか。

    まあ、そんな気がしている。

    アスナさんは、行為としてのSMさえも未経験なのかどうかわからないが、まあ、今日さっそく聞いてみよう。

    そうそう、来たことのない子のために書いておきますが、だいたいこんな感じで待ち合わせをしていますよ~。

    ・待ち合わせ~クルマでドライブしながら、あれこれとお話し
    ・お話しの内容は、まずはリラックスタイム。雑談しましょ。
    ・そのうち、何を求めてきているのか、どんなことをするのか/したいのかをお話し
    ・逆に、したくないこと、NG行為のすり合わせ
    ・それらを経て、実際に飛び込みたい/やっぱりやめる
    ・飛び込みたい子があまりに若そうなら、年齢確認。各種証明書の提示。ただし、本名/住所/学校名などは指で押さえるなどして隠してもいいですよ。顔と年齢さえ一致していれば。こういうことは、18歳になってからね。

    とまあ、そんな流れです。今日もね。

    ということで、近日中にご報告ができるかと思います。

    でわでわ。

    *************************

    ↑↑↑ こんなことをされたい方は    メールフォームからどうぞ ↓↓↓
    ■SS@芦屋宛のメールフォームです■


    アダルトブログランキング始めました↓↓↓ よろしければ♪






    コメント
    コメントの投稿
    URL:
    本文:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    トラックバック URL
    トラックバック