FC2ブログ
    「縛り屋、芦屋。」
    緊縛責めとイキ狂いで女性を絶頂に!緊縛初体験のM女性たちが堕ちていく痴態をご紹介。18未満お断り。
    梓その2、総集編②

    縛られて、入れられて
    a226.jpg

    快感に思わず表情が崩れる梓
    a233.jpg

    きしむカラダ
    a246.jpg

    それでも責めは続く
    a250.jpg

    犯される
    a252.jpg

    解放、脱力
    a256.jpg

    ************************

    以上、梓その2、今回で完全に終了です。

    梓からはその後も「縛りに来てよ~」というコールがあります。
    すっかりM性を自覚したみたいで、身動きが取れない状態での快楽は普通のセックスよりも数倍も気持ちいいと断言します。

    今後も梓を縛り続けようと思いますので、ご期待下さいね!
    では!


    テーマ:SM - ジャンル:アダルト

    梓その2、総集編①
    梓、人生2度目の緊縛を前に
    a201.jpg

    菱縛りの陰影
    a208.jpg

    梓の長い肢体はまだ自由だ
    a213.jpg

    つながれた梓
    a215.jpg

    責めが始まる
    a218.jpg

    感じる、梓
    a221.jpg


    ・・・総集編、もう1回続けます。


    テーマ:SM - ジャンル:アダルト

    梓50、あの経験が忘れられない ~ fin.
    梓と会ったのは、これが2度目。梓を縛ったのも、これが2度目。

    始めての時は、さすがに遠慮とか気遣いめいた心理も働いていたのだが、
    2度目ともなると、本気と本気が触れ合えたような気持ちになる。

    それだけに、梓も遠慮なくイきまくれたのだろう。
    神経を使う仕事をしている彼女だから、こういう開放感は大切にしたいと言っていた。
    ある意味、大人の女性としての欲求と解放なんだろうね。

    クールダウンできた彼女の細い肢体から、ロープをはぎ取っていった。

    a258.jpg

    先ほどとは頭の向きが逆になり、再びベッドに横たわった梓。
    興奮状態から解け、少し眠たくなってきたのかも知れない。

    ロープの跡が残る彼女のリラックスした姿を最後に、今回の幕を閉じることにしよう。

    ************************

    長きに渡った梓の2nd シリーズも終了となりました。
    細く長くご愛読頂きました皆様、ありがとうございました。

    このあと、1~2回分、このシリーズで使用した画像の総集編を書いてみたいと思いますね!


    テーマ:SM - ジャンル:アダルト

    梓49、あの経験が忘れられない
    梓に対する責めは、確かに長かった。
    時計を見ると、1時間ちかく責め続けていたことになる。

    撮影をしながらの責めだったから、それなりにインターバルとなる瞬間はあったものの、
    それでも長時間にわたる快楽~十数度もの絶頂を一時に味わうとなると、肉体的および精神的な疲労はかなりのものだろう。

    私の右腕もね(笑)

    そんな疲れ果てた梓を撮ってみた。

    a256.jpg

    「えー、こんなとこ撮らなくていいよー」

    そんなふうに答える梓の表情がなんとなく読みとれるだろうか。弛緩しきった長い手足と共に、表情は笑っているのである。

    a257.jpg

    軽い談笑をしつつ、10分ほどをかけて普通のカラダに戻っていくような感覚。
    緊縛をされた者にしかわからない感覚かも知れない。


    さ、ロープから解放してやろう。


    テーマ:SM - ジャンル:アダルト

    梓48、あの経験が忘れられない
    a254.jpg


    クールダウンしている最中と言いつつ、まだしつこく電マで梓のクリトリスを楽しむ私。
    単に悪戯心の発露というだけのことだ。

    a255.jpg



    梓も半ば呆れて「もういいって!」という。
    ふふ、なんだか本当に気の置けない間柄になれたものだなぁ・・・、本気でそう思える。

    次回、終章である。長かったね。


    テーマ:SM - ジャンル:アダルト