FC2ブログ
    「縛り屋、芦屋。」
    緊縛責めとイキ狂いで女性を絶頂に!緊縛初体験のM女性たちが堕ちていく痴態をご紹介。18未満お断り。
    咲奈31:でもやっぱりあの時に戻りたい =終=
    咲奈、終章である。

    このハタチの女子大生は、C学生の頃にネットで見た緊縛責めを受けている女性の画像に取りつかれ、それ以来、この世界に興味を持ちつつも、多くの女性たちが考えるようにまさか自分がそんな世界に身を落とすことなんてありえないと思っていた者であった。少なくとも半年前までは。

    それが2月、私と知り合って、初めての緊縛を施され、様々な器具で快楽責めにあい、今まで決して経験したことのない快楽と苦悶のはざまにある世界を垣間見ることになったのだった。

    それからしばらくは忘れたころにメールをやり取りする程度の関係に終始していたのであるが、私が咲奈を再び縛りたいと思うようになったのとリンクするように、咲奈も私にもう一度縛られたいと思うようになっていたのだった。

    そして、再び縛られるのならば、これ以上の性感に恐怖を感じ、そこまでで終了となった初回の壁を、こんどこそ是非超えてみたいと願うようになっていたのだった。

    若さゆえの好奇心なのだろうか。あるいは、XX遺伝子の奥底に組み込まれた無意識の欲求なのだろうか。

    そんなことは知らなくてもいい。ただ、追い込むのみ。

    凶悪な快楽を与える電マ+三ツ又アタッチメントの脈動と、黒く細い棒が二十歳のボディに与える痛覚のリズムにリンクして十数分。

    気持ちいいのか痛いのか、それがもうなんなのかわからないようになった咲奈は、あ"-あ"-という啼き声(女性のかわいらしい声では、すでにない。控えめに言って風邪ひきさんの、端的に言ってガチョウの啼き声だ)に終始するありさま。


    追い込まれているのである。


    追い込まれることを望んでいたのだろう?
    気持ちよいとか痛いとか、苦しいとかそんな普通の感覚のその先になにがあるのか、私にはわからない。

    咲奈は、そこにたどり着けているのだろうか。

    sk02_102i.jpg

    全身が赤く美しく化粧を施された咲奈。文字通り、ぐったりである。声を掛けても、反応がない。
    では、縄をほどいていってやろう。

    sk02_103r.jpg

    だらしなく弛緩した咲奈のボディには、この数時間の記憶が刻まれていた。

    sk02_104p.jpg

    サークルでよく走る咲奈の足にも、今ばかりは光無し。

    ****************

    あとで咲奈に聞いてみた。

    追い込まれ感というのは確かにあったという。
    苦しくて辛くて、もうやめてください!と思ったという。

    じゃ、そこでやめた方が、よかった?

    ううん、やめてほしくなかった。

    ・・・ややこしいな。女の感覚がまるで分らない私は、本気でそう思う。
    でも、こうしたらどうなるかくらいは、私にはわかっている。

    もう、痛いのも気持ちいいのも何が何だか分からなくなって、ただただ性感の海に漂っているような感じ、みたいだ。

    それが、結局気持ちいいことになるのかどうかもわからない。

    でも、日々にちにちの生活をしているなかで、自分のカラダのそこここに溜まっていく精神的なこわばりみたいなものが、結果、完全になくなるようなフリーダム。
    気持ちに溜まった垢を完全に洗い流す感じ。あるいは宿便がスッキリ、みたいな。
    お、性感エステか、オレ(笑)

    冗談はともかく、体力は完全に消耗しきった咲奈であったが、それから数十分後、駅まで送り、別れるその瞬間には、ほんとうに気持ちの良い笑顔になっていた咲奈だった。


    また、会えるかな。

    自分をしっかりと持った優等生ちゃんだからな。性的にだらしなく付き合いたいと思う子ではない。

    自分が緊縛を求めてやまないと感じた時には、恐らくきっと、また会うことになるだろう。

    また、いつの日か。

    じゃあ、ね。
    また、楽しもうね。 

         =終=



    ****************

    ↑↑↑ こんなことをされたい方は
       メールフォームからどうぞ ↓↓↓
    ■SS@芦屋宛のメールフォームです■


    アダルトブログランキング始めました↓↓↓ よろしければ♪

    テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

    咲奈30:でもやっぱりあの時に戻りたい
    終わりに近づいている。


    咲奈の声は、既に絶叫を通り越してかすれ声といって差し支えないだろう。

    あ"ーあ"ーだめーあ"ーいーいたいー・・・

    既に彼女の思念は現世にないのかもしれない。


    危険ドラッグが相変わらず世間を騒がせているが、あんなものを使わずにこの境地まで来られるのだよ。
    って、使ったことないからわからないけど。でも、多分、そういうことなんだろうと思っている。割と確信して。


    sk02_100e.jpg

    黒くて細いピシピシ棒は、咲奈の腹部でまだ白さを残している部分を探し求めるように、相変わらずさまよっている。

    白いところはどこだ~?

    そんな感じでピシピシピシピシ。

    sk02_098p.jpg



    もういー、もういいー、やめてー。


    そんな女子大生の叫びも聞き飽きているのだが、声のかすれ、体力の限界、緊縛による血流阻害などを考えると、ぼちぼち潮時かな。

    なんとなくの感覚で、責め終えることに。

    sk02_099e.jpg

    何分ぶりだろうか、叩くのをやめるのは。

    私の腕も、乳酸疲労で痛いくらいだ(笑)。

    sk02_101s.jpg

    どう?今回も、全身性感帯になれたかな?

    え、そんな余裕がなかった??そうかそうか、よかったな。


    ****************

    ↑↑↑ こんなことをされたい方は
       メールフォームからどうぞ ↓↓↓
    ■SS@芦屋宛のメールフォームです■


    アダルトブログランキング始めました↓↓↓ よろしければ♪

    テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

    咲奈29:でもやっぱりあの時に戻りたい
    女子大生を乳頭モジャモジャ責めに処してみたところで、変わり映えのしない反応だったことを受け、それならばと、良い反応を示した責めを大フィーチャーしていこう。


    当然、ピシピシ棒だ。

    それも、電マのオンオフタイマー君には御降壇いただくことにして、私の右手にはピシピシ棒、左手には電マ+アタッチメントという両刀使いで。

    あれ、両刀使いって、おかしい?

    ま、いいか。


    ということで、撮影ができておりません。ごめんね。

    その結果をご覧いただこう。当ブログにおいてはかつてないほどの凄惨な画となっていることをご了承いただきたい。

    ま、リンク先最上部にあるMaster Jokerの責めに比べたら屁でもないけどね。

    ということで、行ってみよう!






    sk02_094w.jpg
    sk02_095b.jpg

    なんだこの腹の赤さは!

    あの細いピシピシ棒で、スレンダーボディな咲奈ちゃんとはいえこれだけの面積を真っ赤っかにするほどの殴打を与えるには、何回叩かねばならないことだろう。


    左手でリズミカルに電マをズン、ズン、ズン・・・と突き上げる。

    そのリズムと同時に、右手の棒で、ピシ、ピシ、ピシ・・・と叩き続ける。

    ものの数発で、この女子大生のおなかは綺麗な血色を見せ始め、そのころには既に、痛覚が悲鳴を上げ始めている。

    あっ、あっ、あんっ、あっ、いたっ、痛いっ、痛いですっ、いっ、痛っ、あっ・・・。

    そんな咲奈の表現は、私を喜ばせる。それも、かなり。

    しかし私の両腕はそんな咲奈の声を無視し続けて、無機質な一定のテンポを保ち続ける。機械のように。


    あっ、痛い、いたいっ、いたっ、ああぁ、やめてください、やめっ、あっ、やめてください~・・・。


    痛みが増していくと、M女たちはどうしても止めを懇願し始める。


    そこで、止めるの?ほんとに?

    やめていいの?

    初めて私と会った時、あの時はスパンキング程度だったけど、そこでやめちゃったよね。

    今日私に求めるものは、その先の何かだったんじゃないの?

    やめてって言っても、止めないでください、それが今日の目標だよね。

    かわいそう。かわいそうに思う。
    でも、冷徹に。私も辛いけど、頑張ってたたき続ける。
    わかったね?



    当然、偽善である(笑)。こんなに楽しいことはない。

    しかし「その先」を見つけはじめた咲奈の表情は、彼女の苦痛を物語っているのだろうか、どうだろうか。

    その解を、読者諸氏が見つけ出してほしい。

    sk02_096u.jpg
    sk02_097r.jpg

    ****************

    ↑↑↑ こんなことをされたい方は
       メールフォームからどうぞ ↓↓↓
    ■SS@芦屋宛のメールフォームです■


    アダルトブログランキング始めました↓↓↓ よろしければ♪

    テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

    咲奈28:でもやっぱりあの時に戻りたい
    咲奈は、だいぶん飼い慣らされてきたように思う。

    膣内感受性の高い彼女だから、エサとして大振りの電マアタッチメントでエサを与えておいて、その一方でピシピシ棒で痛みを与えてきた。

    痛みが快感なのか、はたまた痛みが快感を増幅するのか、Mではない私にはまるっきり理解不能なのだが、どうやら咲奈はこの痛みを受け止めて余りあるようだった。

    一つの成長を見せた、ということだろう。



    sk02_090o.jpg

    片や、クリトリスとか乳首にはそれほど感度を示さない咲奈なので、ちょっと開発してみたいじゃありませんか。

    ということで、手持ち無沙汰なもじゃもじゃクンの登場だ。

    sk02_091m.jpg

    小さな黒いゴムで締めあげられて固くなった乳首にどれだけの感受性があるのか私にはやはりわからないが、とりあえずモジャモジャしてみよう。

    モジャモジャ。 もじゃもじゃ。


    どうかな?気持ちいい?

    sk02_092x.jpg

    そんな私の問いなど全く無視してくれちゃったりなんかするハタチの女子大生なのであった・・・。

    sk02_093z.jpg

    この絶叫は、まあ、電マによるものだな。あと、タイマー。

    ****************

    ↑↑↑ こんなことをされたい方は
       メールフォームからどうぞ ↓↓↓
    ■SS@芦屋宛のメールフォームです■


    アダルトブログランキング始めました↓↓↓ よろしければ♪

    テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

    咲奈27:でもやっぱりあの時に戻りたい
    さて、まだうら若きハタチの女子大生、咲奈ちゃんを、もう少し追い込んでみようか。

    同級生の彼氏もいる咲奈なのだが、甘い関係は彼に任せて。
    厳しく追い込まれたうえでのこの上ない快楽は、やはり熟練の技が必要だ。ハタチの男には、まだ荷が重い。


    その技とは・・・。


    ピシピシ棒にほかならない(笑)

    さて、おじさん、再び叩いてみるぞぉ。咲奈ちゃん、覚悟はいいかね?
    sk02_081u.jpg

    電マの動きに快楽を貪っていた咲奈の白い太ももを、リズミカルに叩き続ける。

    ぴし、ぴし、ぴし、ぴし・・・。

    それまでアーアーアンアン言っていた咲奈は、叩かれることを予期していない。
    ああっ、痛いっ!

    声を上げる咲奈。

    決して強くはないが、肌の薄い大腿部には厳しい刺激になっている。

    しかし執拗に叩き続ける。

    sk02_088s.jpg

    あっというまに腫れ上がる太もも。
    スポーツをやっている咲奈の、よく走る脚だ。

    もっと鍛えてやろうね。



    そしてその痛みは、今や咲奈にとって、快感を増幅するためのツールとなりつつあった。

    sk02_089t.jpg

    この表情は、苦悶なのか?それとも悦楽なのか??

    ****************

    ↑↑↑ こんなことをされたい方は
       メールフォームからどうぞ ↓↓↓
    ■SS@芦屋宛のメールフォームです■


    アダルトブログランキング始めました↓↓↓ よろしければ♪

    テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト